芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。


    平手 友梨奈(ひらて ゆりな、2001年6月25日 - )は、日本の元アイドル、女優であり、女性アイドルグループ欅坂46の元メンバーである。愛知県出身。ソニー・ミュージックレーベルズ所属。身長163cm。血液型O型。 中学生時代、バスケットボール部に所属していたが、部活動以外に目標がなく、他のことに
    38キロバイト (4,866 語) - 2020年1月23日 (木) 13:48



    (出典 2xmlabs.com)


    欅坂46 『不協和音』

    (出典 Youtube)


    卒業公演もないらしいやん、何があったん、、

    1 ひかり ★ :2020/01/23(Thu) 22:35:32 ID:Dee2y5cH9.net

     アイドルグループ「欅坂46」が23日、中心メンバーである平手友梨奈(18)のグループ脱退を発表した。平手は同日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(月~金曜後10・00)に出演。
    脱退について初言及した。

     平手は「こんばんは。平手友梨奈です。さきほど、欅坂46のホームページで発表がありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件については、今は話したいとは思わないので、
    いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております」とコメントした。

     この日、公式サイトで「欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。在籍中はたくさんの応援を
    いただきありがとうございました」と織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の卒業とともに脱退を報告した。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000249-spnannex-ent


    (出典 img.jisin.jp)


    【【脱退】「平手友梨奈」“欅坂46”を脱退→ラジオで初言及】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    15キロバイト (1,863 語) - 2020年1月17日 (金) 09:53



    (出典 colorful-instagram.com)


    人気者が故の悩みやね、、

    1 ばーど ★ :2020/01/21(火) 18:20:10 ID:6GqHzjd09.net

    「仕事で忙しいのか、学校に行けていないみたいなんです。ファッションのイベントや雑誌の撮影などで海外に行くことが多いので、なかなか通う時間がないのでしょう」(ファッション業界関係者)

     '18年5月発売のファッション誌『エル・ジャポン』7月号で、いきなりの表紙モデルという鮮烈なデビューを果たしてから、もうすぐ2年─。木村拓哉と工藤静香夫妻の次女・Koki,が、仕事と学業の両立に悩んでいるという。

    「長女と英国式のインターナショナルスクールに通っていました。長女は別の高校に進学しましたが、Koki,さんは今も都内のインターナショナルスクールに在籍しています」(芸能プロ関係者)

    両親のもと、彼女は幼いころから英才教育を受けてきたはずだったが……。

    「さまざまなイベントが重なった昨年の秋から冬ごろはかなり忙しかったようで、欠席が増えてしまったそうです。本人も気にしていたのか、周囲に“あんまり授業に出られていないんだよね……”と漏らしていたようです」(前出・ファッション業界関係者)
    .

    海外では「木村拓哉の娘」の触れ込みも……

     彼女の活動スタイルは、国外を中心としているため、仕事となるとどうしても長期で日本を離れなくてはならない。

    「特に、中国での仕事に力を入れています。中国でもお父さんは大人気なので、当初は“キムタクの娘”と注目されていました」(ファッションライター)

     前出のファッションライターに、現在の評判を聞くと、

    「女優として実績があるわけでもなく、高級ブランドのアンバサダーなどの仕事ばかりやっている彼女に対して、冷ややかな視線が向けられていますよ。一部の富裕層には人気ですが、一般的な層からは《親の七光》などと言われてしまっています」

     一方で、1月17日現在のKoki,の中国版ツイッターWeibo(ウェイボー)のフォロワーは39万人、数字だけ見れば注目されているような印象を受ける。ところが、

    「日本のメディアは、《彼女のWeiboのフォロワー数が38万人を超えた!》など、彼女が中国で人気があるかのように報じていますが、中国ではそれほど高い数字ではありません。例えばお父さんの木村拓哉さんは180万人、山下智久さんは170万人を超えるなどケタ違いです」(同・ファッションライター)

     思うような結果が出ていないようだが、それでも本人は学業をおろそかにしてはいけないと頑張っている。

    「海外に行くときは、学校の教科書を持って行って、忙しい中でも空き時間にせっせと勉強しているようです」(前出・芸能プロ関係者)

     親の力だけでは大成しない芸能界。努力家の彼女は、今の状況を乗り越えて花開いてくれるだろうか─。

    1/21(火) 17:00
    週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200121-00017021-jprime-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【不登校】「Koki,」 モデル仕事多忙で不登校に、、】の続きを読む


    木村有希 (モデル) (ゆきぽよからのリダイレクト)
    木村 有希(きむら ゆき、1996年10月23日 - )は、日本のモデル、タレントである。愛称はゆきぽよ。 神奈川県出身。父親は日本人で、母親はフィリピン人とスペイン人のハーフである。左利き。 2012年、雑誌『egg』の読者モデルとしてデビューした。動画配信サービスのVineでは、6
    7キロバイト (687 語) - 2020年1月20日 (月) 21:02



    (出典 pbs.twimg.com)


    歳を重ねると考え方とかも変わってくるもの

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/21(火) 15:00:48 ID:lytciHy39.net

    歳を重ねて、見た目も内面も変わりつつある!?

    タレントのゆきぽよこと木村有希が1月13日に放送されたバラエティ番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)に出演。成人式での花魁姿について苦言を呈した。

    同日は成人式ということもあって、ゆきぽよは自身の成人式のエピソードを語り始め、中学時代のイケイケグループに属していた同級生たちと成人式に参加したそうだが「超仲良かった親友の子が、花魁姿で来てた」と告白。

    なんでも、親友の着物は次第に胸元がはだけていき、股下の部分も脚が丸見えになるほど着崩れていったそう。そのため、ゆきぽよは「前撮りとか後撮りならともかく、式当日はどうなんだろう」「やっぱりだらしないな」と、成人式での花魁姿についてビシッと否定的な意見を述べていた。

    当のゆきぽよは「ゆきは、ちゃんとしっかりキメて、きっちり(振袖を)着ていきました」と、自分はきちんとした晴れ着姿で臨んだと説明していた。

    ゆきぽよの花魁への苦言に視聴者からは「ゆきぽよは花魁着て、参加してそうに見えるから意外だわ」「ゆきぽよって案外、しっかりしてるな」「ゆきぽよのイメージが変わってきた」などといった声が上がっており、ギャルのイメージが強いゆきぽよだけに意外性を感じたという人が多いようだ。

    「昨年11月に放送された医療バラエティ番組『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)で、すっぴん顔を公開したところ、ギャルタレントのすっぴん史上最高に可愛いという声も上がるほど絶賛されたゆきぽよ。以降はそういった反響を受けてか、番組ですっぴんを披露したり、メイクの濃さを抑えてファッションイベントに出演したりと、徐々に脱ギャル路線を目指しているように感じられるフシもあります」(エンタメ誌ライター)

    昨年末に出演したイベントでは「来年はテレビ出演300本、CM10本!お休みはいらない」とコメントするなど、仕事のモチベーションが物凄く上がっているゆきぽよだが、仕事への意識の高まりも脱ギャル路線へのシフトに関係しているのではないかと、前出のエンタメ誌ライターは続ける。

    「ギャル枠のタレントは今後も次々と出てくることが想定されます。やはりギャルと言えば若者のイメージが強いだけに、ギャルタレントもニューフェイスがクローズアップされる傾向にありますから、ギャルという武器だけで長く芸能界で生き残っていくのは難しい。藤田ニコルもタメ口で生意気といったイメージが当初は強かったものの、現在はバラエティ番組でのコメント力が長けていると制作側から高く評価され、番組に重宝される存在になりましたし、ゆきぽよもタレントとして生き残る術を模索している最中なのでしょう」

    今年1年での見た目や言動の変化にも注目したいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2162887/
    2020.01.21 10:00 Asagei Biz


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【「ゆきぽよ」“脱ギャル路線”へ→理由がこちら】の続きを読む

    このページのトップヘ