ローラ(1990年3月30日 - )は、アメリカ合衆国・ロサンゼルスを拠点に活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。父はバングラデシュ人。母は日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。国籍は未詳。身長165cm。東京都多摩市出身。LIBERA所属。双子
65キロバイト (7,452 語) - 2020年1月10日 (金) 16:07



(出典 imgs.marry-xoxo.com)


久しぶりにバラエティ番組で見たけど、相変わらず美人でスタイル抜群すぎ

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/23(木) 15:22:45.24 ID:dmQoTpOn9.net

【モデルプレス=2020/01/23】
モデルのローラが22日、自身のYouTubeチャンネルにて動画を投稿。現在、拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移している理由を明かした。

◆ローラ、ロサンゼルス移住の経緯明かす


(出典 Youtube)


7日、自身のInstagramにてYouTubeの開設を発表し、8日に初投稿で同チャンネルにアップしていく企画をホワイトボードいっぱいに書き出していたローラ。

そしてこの日、ロサンゼルスでの生活を公開。しかし、その中で「色んな人から質問されることをみんなに言いたくて。まず何で私がLAに来たのか」と拠点を移した経緯を説明しようとするも、動画ではその後の様子がカットされていた。

YouTubeの投稿は、ロサンゼルスで撮影した映像を日本にいるスタッフに渡し、編集してもらう予定だったが、ローラはその撮影に失敗してしまったようで、動画内で改めて理由を説明。

「旅行にこうやって来てたんだけど、2年前くらいかな」と切り出し、「この気候と、いろんな国の人たちが住んでる街、すごいいいなって思ってこの街に住みたいなってところから始まったの」と旅行がきっかけでロサンゼルスを気に入ったという。

◆ローラ「英語覚えたいなって」

さらに「英語覚えたいなってすごい思ったの」と語り、「もっと世界中の人と話せて、色んな経験したことがないことを経験できる、色んな自分がやりたいことをどんどんチャレンジしていったり、経験できたらいいなって思って移動したんだ」と明かした。

続けて、「あの時喋ってたし、喋ってる時に感情がうわーって出てきて、感動しながら泣いたの実は」と撮影に失敗してしまったことを振り返りつつ、「でも全部カットされてる」と笑顔で話した。

この投稿にファンからは「そういう理由があったんだね」「努力家なのが伝わる!」「ローラが英語話してる動画が見たい~」などの反響が寄せられた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

https://news.livedoor.com/article/detail/17705949/
2020年1月23日 12時54分 モデルプレス


(出典 www.sankei.com)


【「ローラ」現在の暮らしを明かす→「いろんな人から質問される」【動画あり】】の続きを読む