芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。

    TKO


    木下 隆行(きのした たかゆき、1972年1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・TKOのボケ担当である。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。 菓子問屋の社長であった父と大分県中津市出身の母(定子)との間に生まれる。父の会社は倒産したため幼少期は苦しい生活を送る。
    16キロバイト (1,915 語) - 2020年4月26日 (日) 09:16



    (出典 res.fashionsnap.com)


    良いお母さん、だが低評価めっちゃ多いな、、

    1 1号 ★ :2020/05/10(日) 19:57:36.29

     お笑いコンビ・TKOの木下隆行が10日、自身のYouTubeチャンネルで動画をアップ。この日が母の日であることにちなみ、自身の母親からの愛ある叱咤を受ける様子を公開した。

     木下の母は「頑張らんと。今まできたのは、みんなのおかげやで。調子に乗ったらアカンねん、あんた、芸人向きじゃないんじゃないの?」と厳しい言葉。「イジられたら絶対にアカンやろう。プライドが高いから。かっこいいとかいらんねん。マンネリ化になったら、アカン。初心に戻らなアカン」と諭すように語った。

     続けて「今後の生き方を考えながら生きていってほしいわけ。2度とあってはいけませんよ、今度あったら縁切りますね」と宣言。「親ってバカやな。バカ息子でも心配やし。心配かけんといて。少なくともお母さんより長生きしてください。子どもが元気で生きているっていうことが私への親孝行にもつながるのよ」とやさしい母親の一面をのぞかせながら、息子の再起を期待していた。

    5/10(日) 19:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-00000341-oric-ent


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【「木下隆行」騒動について“母親”から愛ある叱咤→「今度あったら、縁切ります」 【動画あり】】の続きを読む


    木下 隆行(きのした たかゆき、1972年1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・TKOのボケ担当である。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。 菓子問屋の社長であった父と大分県中津市出身の母(定子)との間に生まれる。父の会社は倒産したため幼少期は苦しい生活を送る。
    13キロバイト (1,544 語) - 2020年3月31日 (火) 10:27



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    謝罪するってことは、パワハラ認めちゃうってことだよな、、

    1 牛丼 ★ :2020/04/01(水) 21:43:48 ID:vwbSiOUI9.net

    お笑いコンビ・TKOの木下隆行(48)が1日、自身のYouTubeチャンネルに初の動画を投稿。以前より報じられていた後輩へのパワハラ騒動について触れ「僕が調子乗ってたんやと思います」と謝罪した。

     木下は3分間弱の動画をアップし、冒頭「この度は、パワハラ騒動の件でご迷惑をかけてしまい誠に申し訳ございませんでした。ファンの皆さま、関係者の皆さま、そして何より後輩の皆さま、ご迷惑をかけてしまいすみませんでした」と神妙な面持ちで話し頭を下げた。

    「こうなってしまったのは、すべて、僕が調子乗ってたんやと思います」と省み、「調子乗ってた結果が今の現状やということをしっかり受け止め、そしてこれからは心を入れ替えて頑張ります」と心機一転を誓った。

     続けて、YouTubeをやることになった経緯を「やはり僕はお笑い芸人で、お笑いが好きで、僕が面白いと思っていることを、形を発信できるのがYouTubeだと思いました」と説明。「YouTuber(として)適当にやるんやろと思われる方もいらっしゃると思いますが、本気で、手を抜くことなくしっかりお笑いと向き合い、また皆さまの信頼を取り戻せるようにYouTubeで頑張ります」と覚悟を示している。

     また、「この騒動で一番迷惑をかけた相方の木本くんと、いつか僕たちが大好きなコントという形で皆さまに笑いを届けられるように頑張ります」と相方へも思いを馳せ、「これからは間違ったことをして下を向いて歩かず、正しいことをしてしっかり前を向いてこれからの人生つくっていきます。改めまして、これからもよろしくお願いします」と締めくくった。

     木下は先月15日に松竹芸能を退社。きのう31日に公式ブログを開設し、新会社「UtREE」を設立したことを発表していた。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-616516/


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【パワハラ】“TKO”「木下隆行」パワハラ騒動をYouTubeで謝罪【動画あり】】の続きを読む


    木下 隆行(きのした たかゆき、1972年1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・TKOのボケ担当である。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。 菓子問屋の社長であった父と大分県中津市出身の母(定子)との間に生まれる。父の会社は倒産したため幼少期は苦しい生活を送る。
    13キロバイト (1,476 語) - 2020年3月6日 (金) 09:27



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    引退はしないのだろうか

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/06(金) 07:27:38 ID:acj9mD7U9.net

    お笑いコンビTKO・木下隆行(48)が3月5日、松竹芸能を退社すると発表した。
    同社の公式サイトでは「TKO木下隆行は、2020年3月15日をもって弊社を離れる事になりました」と明かされ、
    「今後は弊社を離れ、フリーとして引き続き芸能活動を行っていきます」との説明が。
    また「TKOは解散せず、木本武宏(48)は引き続き弊社所属で芸能活動を行います」ともつづられている。

    木下といえば昨年9月、一部週刊誌によってパワハラ疑惑が報じられた。よゐこ・濱口優(48)の結婚パーティの幹事を務め、費用を後輩から集めた木下。
    しかし濱口は受け取りを拒否。にも関わらず木下は費用を返金しなかったため、疑問を抱いた後輩がライブ上で本人を追及。
    そのことに激怒した木下は、楽屋で後輩の顔に目がけてペットボトルを投げつけたという。

    また安田大サーカスのクロちゃん(42)も、木下によるパワハラの被害者だという。

    「数年前、ある番組で“後輩のクロちゃんが木下さんをイジる”というドッキリ企画がありました。しかしドッキリにもかかわらず、木下さんはクロちゃんに激怒。
    収録後に楽屋でクロちゃんに土下座をさせ、革靴で頭を踏みつけたそうです。
    木下さんはそのあとの飲み会でも、クロちゃんに罵詈雑言を浴びせていました。ショックを受けたクロちゃんはそれ以来、木下さんのことを遠ざけるようになったと聞きます」(テレビ局関係者)

    本誌は昨年9月、木下に直撃。そして、ことの真相について訊ねた。
    「着服し、後輩に暴行を加えたのは本当か」という質問には自身で集めたお金を後輩が管理していたこと、そして最終的に別のプレゼントを贈ったことを告白。
    「着服もしていませんし、その事実があるのに、篠宮(後輩のオジンオズボーン篠宮暁・37)が楽屋でああいういじり方をしてきたんです」
    「だから僕も怒ってペットボトルを投げました。もちろん顔なんて狙うわけないし、ただただ投げたペットボトルが、目に当たったというだけなんです」と答えた。

    さらにクロちゃんの件については「それはネタですよ。みんなの笑いを取るための方法のひとつとしてやっただけなので」と話しながら
    「でも本当にそんなこと、やったのかなあ……。覚えていないんです」とも語った。

    「木下さんは後輩芸人だけでなく若いスタッフにも厳しく当たるなど、その“体育会系気質”は昔からでした。
    実はよゐこの濱口さんが木下さんに、これまで何度も注意してきたそうです。それでも木下さんは反省するどころかエスカレート。
    あきれ果てた濱口さんは『口も聞きたくもない』と周囲に漏らしているそうです。そんな木下さんのことを後輩は恐れていますし、暴行騒動もある種“身から出た錆”かもしれません」(お笑い芸人)

    木下の退社理由については明かされていない。しかし「FRIDAY」は松竹芸能が度重なる木下の悪行に愛想を尽かしており、「事実上の『解雇』」とも報じている。その前途にどんなものが待っているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00010018-jisin-ent
    3/5(木) 23:26配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【引退?】“TKO”「木下隆行」所属事務所退社→パワハラ体質に“クロちゃん”も被害を受けていたか】の続きを読む

    このページのトップヘ