設楽 統(したら おさむ、1973年〈昭和48年〉4月23日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、声優、司会者。お笑いコンビ・バナナマンのボケ(基本的にはボケとツッコミは決めていないため、ツッコミにも回る)、ネタ作り担当。相方は日村勇紀。西武鉄道OB(後述)。
39キロバイト (4,593 語) - 2020年2月17日 (月) 16:34



(出典 jprime.ismcdn.jp)


書籍化とかも決まったし、商売上手だよなぁ

1 1号 ★ :2020/03/23(月) 12:34:56 ID:qtxltIzY9.net

お笑いコンビ・バナナマンの設楽統と日村勇紀が、20日深夜に放送されたラジオ番組『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ/毎週金曜25:00~27:00)で、漫画家・きくちゆうき氏がツイッターで連載していた4コママンガ『100日後に死ぬワニ』について言及した。

放送日当日に100日目を迎えた『100日後に死ぬワニ』の話題になると、「俺、全然知らなくて。今日、収録中に収録が1回止まった時に、みんなが『ワニ死んだ! ワニ死んだ!』とか言ってるから、『え、なんの話? ワニが死んだ?』って」と日村。

そして設楽も「これ、知ってる人は『へ~』ってなるけど、知らない人は『え、何が? ほんとのワニが?』みたいなわけがわからない感じに」と語った。
続けて、設楽は「でも、うまいこと考えるよね。タイトルで惹きつけてそこまでいくって」と言い、「ある種、深いんだと思うよ。だって、4コママンガでのほほんとしているストーリーもあるけど、“結局、そういうことなんじゃないか”とかいう深さがね。ようはわかってないだけで、みんな“100日”なのかもしれないところがあるじゃない。絵もかわいいしね」と褒めていた。

2020/03/22 09:30
https://news.mynavi.jp/article/20200322-1000717/


【“バナナマン”「設楽統」『100日後に死ぬワニ』を称賛→「ある種深いんだと思う」】の続きを読む