ASKA(アスカ、1958年2月24日 - )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター、現在は細菌学を研究している。本名:宮﨑 重明(みやざき しげあき)。旧称:飛鳥 涼(あすか りょう)。CHAGE and ASKAの元メンバーで、多くの楽曲のボーカル・作詞・作曲を担当していた。福岡
154キロバイト (13,371 語) - 2020年3月29日 (日) 03:28



(出典 amd.c.yimg.jp)


7年前から開発してるものが新型コロナに効くのかな、、

1 muffin ★ :2020/03/29(日) 12:24:04 ID:Rxn1mO4N9.net

「一刻も早くこの機械を世界にお届けしたい! その一心です。世界の投資家の皆さん、ぜひ僕に投資してください。世界が助かります」

 ソロ10枚目となるアルバムを発売したASKA(62)が、発売当日である3月20日にYouTubeに動画をアップし、こう叫んだ。

「いま世界は新型コロナウイルスの脅威の前になす術がありません」

 そう。ASKAの言う通り、いま世界は大混乱中だ。日本の首都である東京も、封鎖が現実味を帯びている。そんななか彼は、“コロナウイルスを死滅させることができる”機械を開発したというのだ。

「すべての匂いを無臭化してしまう。すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまうという機械を思いつきまして、すでに7年前から開発に入っておりまして、2年前には開発に成功しました」

「この地球上のすべてのバクテリア、雑菌、ウイルスはオゾンによって簡単に死滅します。1ppmのオゾン濃度があれば、死滅してしまいます」

「われわれが今回開発した機械は、オゾン濃度5ppmまで達しました。これを全世界の皆さんのご家庭に早くお届けしたい」

 ASKAが開発したという機械は、水道水をオゾンが含まれた“オゾン水”に変換する機械だそうで、作ったオゾン水を対象物にかけることで一瞬で殺菌できるという。実際に大学の研究機関で検証してもらい、高い殺菌力を証明してもらったとも話していた。

 しかし、この機械は「頑張って、頑張って、1万台作って3万6000円」と安くはない価格。そのため彼は投資家に向けて、力を込めて次のように叫んだ。

「全世界に公開したい。全世界の投資家が、この機械に投資していただければ、みなさんのご家庭で、ほんと数千円の価格になる。決してコロナは怖くない。コロナは(殺菌できるという)検証したか? 検証できないんです! この国では! させてもらえないんです」

 ASKAの言うように、オゾン水は本当に殺菌効果があるのだろうか。(以下ソースで)

3/28(土) 21:00配信週刊女性PRIME
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200328-00017535-jprime-ent

★1 2020/03/28(土) 21:05:28.64
【芸能】ASKAがコロナが死滅するという“怪しい機械”を開発「僕に投資して」★3
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1585412875/


(出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


【【開発】コロナを死滅させる?「ASKA」“怪しい機械”を開発させる→全世界の投資家に訴えかける】の続きを読む