芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。

    プロ野球


    野村 克也(のむら かつや、1935年6月29日 - 2020年2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家、タレント。 プロ野球では南海 、ヤクルト、阪神、東北楽天の監督を歴任したほか、日本体育大学客員教授なども務めた。晩年の
    195キロバイト (29,924 語) - 2020年2月11日 (火) 03:17



    (出典 storage.kahoku.co.jp)


    いきなりすぎやろ、ノムさんの解説大好きだったから本当残念、ご冥福をお祈りします

    1 ばーど ★ :2020/02/11(火) 12:47:18 ID:hT3K+l4V9.net

    ■野村克也さん(84)死去 家政婦が自宅の浴槽で発見

    元プロ野球選手の野村克也さんが亡くなりました。84歳でした。

    警視庁などによりますと、11日未明、東京・世田谷区の野村さんの自宅から119番通報がありました。家政婦が浴槽の中でぐったりしている野村さんを見つけたということです。

    野村さんは病院に搬送され、その後、死亡が確認されたということです。84歳でした。野村さんは1954年にテスト生として南海ホークスに入団し、3年目からレギュラーに定着すると、現役27年間にわたって球界を代表する捕手として活躍しました。

    歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王などその強打で数々の記録を打ち立て、不動の正捕手として南海の黄金時代を支えました。

    平成2年にヤクルトの監督に就任し、「ID野球」などデータを駆使した戦術を用いてチームを3回の日本一に導くなど手腕を発揮しました。先月に行われた金田正一さんをしのぶ会にも出席していました。

    2020/02/11 10:43 テレ朝ニュース
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000175933.html
    ----------
    ■プロ野球 野村克也さん死去 84歳 戦後初の三冠王

    プロ野球で戦後初の三冠王に輝いた名キャッチャーで、監督としても日本一に3回輝いた野村克也さんが、亡くなったことが分かりました。84歳でした。

    これは11日、野村さんが所属するマネージメント会社が明らかにしました。

    野村さんは京都府出身、昭和29年に峰山高校からテスト生でソフトバンクの前身、南海に入団しました。

    昭和36年から8年連続でホームラン王を獲得し、昭和40年には戦後初の三冠王に輝きました。

    「打ってよし守ってよし」の球史に残る名キャッチャーとなり、選手兼任監督としても8年間チームを率いて昭和48年にはリーグ優勝を果たしました。

    その後、ロッテと西武でプレーし、昭和55年に45歳で現役を引退しました。

    通算3017試合出場は、平成27年に中日で選手兼任監督だった谷繁元信さんが更新するまで長年にわたってプロ野球記録でした。

    また通算2901安打、ホームラン657本、1988打点はいずれも歴代2位で、平成元年に野球殿堂入りしています。

    翌年の平成2年にヤクルトの監督に就任し、データを重視した「ID野球」をチームに植え付けて3回の日本一に導くなど手腕を発揮しました。

    その後、阪神や楽天で監督を務め、「ぼやき」と呼ばれる独特の話しぶりで選手をしった激励し、平成21年にユニフォームを脱いだあとは解説者として活躍しました。

    野村さんは2017年に亡くなった妻の沙知代さんとのおしどり夫婦としても知られ沙知代さんがなくなった後もプロ野球の会合などに参加する姿が見られました。

    先月、行われた金田正一さんをしのぶ会にも出席していました。

    2020年2月11日 9時48分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200211/k10012280931000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ★1が立った時間 2020/02/11(火) 09:23:20.92
    前スレ
    【速報】元プロ野球選手の野村克也さん(84)が死去 警視庁 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581383255/


    【【訃報】「野村克也」死去→発見時にはぐったり】の続きを読む


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。トロント・ブルージェイズ所属。 平成最後のノーヒットノーランを達成している。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回全国高等学校野球選手権大会へ出場したが、初戦で常総学院高等学校に敗れた。
    49キロバイト (6,620 語) - 2019年12月17日 (火) 23:11



    (出典 img.dmenumedia.jp)


    ちょい安いけど、活躍して年棒上がることを祈ってる

    1 風吹けば名無し :2019/12/18(水) 07:58:41.40 ID:PvTH/dnYd.net


    山口俊がブルージェイズと合意 2年契約で年俸3億円超、MLB公式が報じる

    ポスティングシステムを利用して巨人からメジャー挑戦を目指していた山口俊投手がブルージェイズと契約に合意した。17日(日本時間18日)、米メディアが一斉に報じた。MLB公式サイトによると「トロント・ブルージェイズはシュン・ヤマグチと合意した」と伝えた。2年契約で年俸300万ドル(約3億3000万円)と見られている。

    2005年の高校生ドラフト1位で横浜(現DeNA)に入団した山口。FA権を行使して2017年から巨人に移籍すると、今季は自己最多となる15勝をマークし、最多勝と最高勝率、最多奪三振のタイトルを獲得。巨人の5年ぶりのリーグ制覇に貢献し、オフにポスティングシステムを利用してのMLB挑戦を表明していた。

    以下ソース

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00637620-fullcount-base


    【元巨人「山口俊」“トロント・ブルージェイズ”と契約合意を発表】の続きを読む


    大嶋 (おおしま たくみ、1990年2月14日 - )は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手(捕手)。右投左打。中学生時代から大学生時代まで一貫してソフトボール選手であり、プロ入り前に硬式野球の経験がなかった異色のプロ野球選手であった。 小学校までは軟式野球をしていたが、進学した新島学園中学校に野球
    13キロバイト (1,486 語) - 2019年12月15日 (日) 14:54



    (出典 girllife.site)


    すごすぎ、試験勉強への気持ちの切り替えとか難しそうなのに

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/15(日) 23:31:44.60 ID:Yk+Op58O9.net

    8/247……倍率30倍の群馬・高崎市職員採用試験に合格「世のため、人のためになる仕事がしたかった」

    早大ソフトボール部出身で、元日本ハムの大嶋匠さんが12月上旬に群馬・高崎市の職員採用試験に合格。
    経験者採用枠の申込者247人から8人合格という“難関”を突破し、来年4月から正規職員として第2の人生をスタートさせる。
    大嶋さんは「世のため、人のためになる仕事がしたかった。
    元プロ野球選手でもやれるんだ、という姿を見せたいと思います」と意気込みを語った。

    高校時代からの夢を叶えた。ソフトボール球界は役所チームに強豪が多く、群馬・新島学園高時代から漠然と「役所で働きたい」という憧れを持っていたという。
    昨年10月に日本ハムから戦力外通告を受け、7年間の現役生活に終止符。
    チームでも“愛されキャラ”だった29歳は日本ハム球団だけでなく、大手保険会社や大学ソフトボール監督、東京五輪関係者からも仕事の誘いがあったが、
    公務員は4学年下の弟・翼さんが高崎市役所に勤務していることからイメージしやすかった。
    引退した1か月後の同年11月に高崎市役所の採用試験を受験することを決意した。

    今年4月から高崎市の臨時職員に採用されて週5日働きつつ、毎日3、4時間の猛勉強の日々。
    6月からの1次、2次、3次試験を突破した。
    「高崎市の筆記試験は1時間で120問を解く試験でした。(科目は)数学や国語、社会、理科、英語……。
    1つ1つの問題は難しくないんですけど、時間がない。もう受けたくありません」。
    申込者247人で合格者はたった8人。倍率30.9倍という難関試験だった。

    プロ野球という華やかな世界とは全くの畑違いで、献身的な職務が多い公務員。勤務部署は3月末に決まるが、臨時職員として働く今も充実感を感じている。

    「世の中の仕組みがこうなっているのかと毎日勉強になっています。それに(引退後は)人のためになる仕事がしたいと思っていました。
    現役最後の18年は2軍生活が長かったんですけど、チームは高卒で自分より若い選手が多い。
    腐った態度は見せないで、いい姿を見せたいと思ってやってきました。
    その姿勢を見てくれる人たちがたくさんいて、そこに、すごく充実感を感じたんです。自分のためより人のためにやることに」

    「担当スカウトだった(現スカウト部長の)大渕さん、(日本ハム時代の)コーチだった高橋信二さんが喜んでくれたのが、すごく嬉しかったです。
    ずっと気にかけてくれていたので。あと、今年初めてゴールデンウィークを経験して。今まで練習で、そんな連休なんてなかったですから。特に今年は10連休。最高でしたね」

    臨時職員ながら母校・新島学園OBがメンバーの主体となる高崎市役所ソフトボール部に所属している。週3回の練習。
    もちろん大嶋さんは強打の主軸打者だが、現役時代の捕手ではなく、一塁でプレーしているという。「全然打てないですよ。(野球に)慣れちゃったんですかね。
    ソフトボールは難しいですね。でも、学生時代にやっていたメンバーが多くいて……。その再会が嬉しいです」。プロ野球界への恩返しの思いもある。
     
    「プロ野球選手のセカンドキャリアが注目されてますけど、野球関係の仕事に就く人は多いと思います。
    (野球界の)流れもわかるし、仕事のイメージしやすいんだと思います。
    そんな中で、僕は『元プロ野球選手でも(役所で)やれるんだ』というのを見せられるようにしたいです。
    同じ公務員でも消防署や警察官として働く人はいますが、もしかしたら、自分に続いて役所で働きたいという人が出てくるかもしれないですし」

    早大ソフトボール部出身という異例の経歴から日本ハムで7年間プレーしてきた。
    プロ野球選手のセカンドキャリアへ光を照らすべく、第2の人生でも大志を抱く。

    ◇大嶋 匠(おおしま・たくみ)1990年2月14日、群馬・前橋市生まれ。29歳。
    小3から軟式野球を始め、中高一貫の新島学園中でソフトボールに転向。
    同高では高校総体、国体優勝。世界男子ジュニア選手権3位。
    早大では08年、U-19全日本の4番を務め、10年のU-23ワールドシリーズで優秀選手賞。
    11年ドラフト7位で日本ハム入りした。3年目の14年に1軍初昇格初出場。
    5年目の16年5月31日のヤクルト戦(札幌ドーム)ではプロ初安打を記録した。
    18年は2年ぶりに1軍昇格も2試合出場にとどまった。通算成績は15試合出場で18打数3安打の打率.167、1打点。右投左打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00635508-fullcount-base
    12/15(日) 19:36配信


    【ソフトボール部出身“元日ハム”「大嶋匠」→市役所職員へ転職】の続きを読む


    朝日新聞2013年9月12日付社会面 ^ バレ 捕手・谷繁に読み勝ち53号「ヒサシブリ。キモチイイ」スポーツニッポン2013年9月9日配信 ^ バレンティン マエケンからいきなり54号!日本記録に王手!スポーツニッポン2013年9月10日配信 ^ バレンティン
    65キロバイト (7,363 語) - 2019年12月16日 (月) 07:07



    (出典 www.nikkansports.com)


    年棒高っ!やっぱりNPBのシーズン最多本塁打記録保持者は違うなぁ

    1 風吹けば名無し :2019/12/16(月) 15:07:18.25 ID:aySxyeQxd.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00634536-fullcount-base

    年俸5億円の2年契約の見込み、川島の背番号「99」になることも発表

     ソフトバンクは16日、ヤクルトの保留者名簿を外れていたウラディミール・バレンティン外野手と来季の契約に合意したと発表した。年俸5億円の2年契約、背番号は「4」に決まった。なお、今季まで「4」を背負った川島慶三内野手は「99」に変更となることも発表された。

     2011年にヤクルトに入団したバレンティン。2013年にはプロ野球記録となるシーズン60本塁打を記録し、入団から4年連続で30本塁打を放った。2015年こそ怪我などがあったが、2016年から再び4年連続で30本塁打をマーク。今季も33本塁打を放ち、ヤクルトに在籍した9年間で8度も30本塁打超を放ってきた。

     今季中に国内FA権を取得したため、来季からは外国人枠から外れて日本人扱いになる。ヤクルトも残留を求めて交渉を続けていたが、保留者名簿の提出期限までに合意に至らず。保留者名簿から外れ、他球団との交渉が可能になったことで、かねて関心を持っていたソフトバンクがアタックをかけて合意にこぎつけた。

     ソフトバンクは3年連続の日本一に輝き、戦力層は12球団随一。それでも、フロントはより高いレベルで幅のある選手起用を可能にするためにバレンティンの獲得に動いていた。

     バレンティンは球団を通じて「この度、ソフトバンクホークスの一員になれた事に心から感謝しています。僕にとってはとても光栄なことであり、非常に喜んでいます。また、新しい環境で好きな野球が出来ることに幸せを感じています。日本でのこれまでの経験を活かし、2020年のホークスのリーグ優勝、4年連続日本一を果たす為、全力を尽くします。福岡のファンの皆さんに会うのを楽しみにしています」とコメントした。


    【【移籍】「バレンティン」“福岡ソフトバンクホークス”と契約合意を発表】の続きを読む


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。MLBのタンパベイ・レイズ所属。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。 中学では堺ビッグボーイズに所属、4番として30本
    45キロバイト (5,724 語) - 2019年12月14日 (土) 01:59



    (出典 jbpress.ismcdn.jp)


    意外と早く契約したな、1年目から活躍できる実力だと思います。、応援してます!

    1 豆次郎 ★ :2019/12/14(土) 02:20:47.93 ID:lJ6Q/GhP9.net

    2019年12月14日 2時2分
    スポーツ報知
     DeNAからポスティングシステムで米大リーグに移籍を目指す筒香嘉智外野手(28)が13日(日本時間14日)、レイズに入団することが決まった。複数の米メディアが報じた。契約は2年1200万ドル(約13億円)となった。

     名門・横浜高では、入学して1週間後の春季神奈川県大会から4番を任された筒香。2年時センバツ、夏の甲子園に出場した。準決勝で敗退も、準々決勝の聖光学院戦では2打席連発を含む1試合個人最多の8打点をマークして、その名を日本中にとどろかせた。3年夏は神奈川大会準々決勝で敗退し、甲子園出場はならなかったが、高校通算で69本塁打。2009年ドラフト1位で横浜(現DeNA)入りした。

     プロ入り後は高い壁に苦しんでいたが、5年目の14年からレギュラーに定着。13年まで4年間で通算20本塁打だったが、14年に22発を放ち、16年には44本塁打、110打点で2冠王に輝き、一気に日本を代表するスラッガーへと成長を遂げた。17年WBCでは侍ジャパン4番も任されるまでになった。

     メジャーへの思いはこれまでも持ち続けてきた。18年11月の契約更改で、初めて胸の内を吐露。「小さい頃からの夢でもあるメジャーでプレーしたい思いがあると、球団に伝えさせてもらいました。メジャーリーガーを見て、もうずっと憧れが強かったし、夢だった」と熱く語った。海外FA権の取得は順調にいっても21年のオフ。DeNA・三原球団代表の「小さい頃からの夢をかなえてあげたい。選手生命を考えると限られた時間を有効に使ってもらいたい」という理解もあって、ポスティングで海を渡る決意をした。

     シーズン中からドジャース、フィリーズなど多くのメジャー球団がハマスタに視察に訪れた。代理人事務所には、ドジャース・前田健太投手、カ*・ダルビッシュ有投手、NBAウィザーズ・八村塁選手が契約を結ぶ「ワッサーマン・メディア・グループ」を選択。ポスティングを申請すると、ブルージェイズやWソックスなど複数球団が関心を示していた。

     起用法は今後決まっていくことになるが、いずれにしても筒香に求められるのは打力。日本通算205本塁打を放ったバットに、大きな注目が集まる。これまで日本人野手ではイチロー、松井稼、青木らアベレージヒッターが活躍した例があるが、パワーヒッタータイプでメジャーに挑戦した代表格は松井秀だろう。米2年目の04年には今でも破られていない日本人史上最多31本塁打をはなったが、30発超えはこの1度だけ。筒香にはゴジラ超えの期待もかかる。

     ◆筒香 嘉智(つつごう・よしとも)1991年11月26日、和歌山県生まれ。28歳。小学2年から「和歌山ニューメッツ」で野球を始め、隅田中時代は「堺ビッグボーイズ」でプレー。3年春の大会で全国8強入り。6歳の時、98年夏の甲子園で松坂(現西武)の活躍を見て、横浜高への進学を決意した。09年ドラフト1位で横浜(現DeNA)に入団。日本通算968試合に出場し、205本塁打613打点、2割8分5厘。16年に本塁打と打点の2冠。15~17年にベストナイン3回。185センチ、97キロ。右投左打。19年年俸4億円。既婚。

    https://hochi.news/amp/articles/20191214-OHT1T50058.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&__twitter_impression=true


    【【MLB】「筒香嘉智」レイズ入団合意→契約金額がすごい】の続きを読む

    このページのトップヘ