本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。サッカー指導者。日本の実業家。サッカー経営者。エールディヴィジ・フィテッセ所属。ポジションは、フォワード・ミッドフィールダー。元日本代表。カンボジア代表監督・GM。
118キロバイト (13,620 語) - 2019年11月7日 (木) 00:39



(出典 grapee.jp)


アメトークで特集してて、本田圭佑のすごさがわかった

1 Egg ★ :2019/11/07(木) 09:35:11.95 ID:miS0Cqfc9.net

オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団後、所属先のなかった本田圭佑(33)6日、ツイッターで「プレイするクラブ決めました!」とツイートした。

その後、本田が10月31日から練習参加していたオランダ1部のフィテッセが加入を正式に発表した。契約は今季終了まで。

来年の東京五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場し、金メダルを獲得するという大目標へ向け、現在リーグ5位のフィテッセが新天地に決まった。

11/6(水) 23:03配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-11061135-nksports-socc

フランス全国紙『L'Equipe』が、「ケイスケ・ホンダがようやく拠点を見つけた。彼は1週間に渡るテストに受かった」と報じれば、メキシコ・メディア『Record』は「幸運がケイスケ・ホンダに微笑んだ。彼はオランダでプレーを再開させる」と紹介した。

 もちろん、オランダ国内のメディアでも本田のフィテッセ入りは、大きく取り上げられている。日刊紙『Algemeen Dagblad』は、「フィテッセとホンダの契約が完了した」と銘打った記事のなかで、次のように伝えている。

「夏にメルボルンを退団して以来、所属クラブのなかったホンダとフィテッセの関係を結んだのは、(レオニド・)スルツキ監督との友情があったからだ。このロシア人監督がすぐさまアクションを起こし、獲得に向けて多大なる努力を注いだことが大きく影響した」

 当然、フィテッセ・ファンの期待値も高い。クラブの公式ツイッターには「非常に大きく、重要な契約だ」「レジェンドが帰ってきた」「VVVのカイザー(皇帝)がやってきた」など好意的なコメントが相次いでおり、早くもフィーバーを巻き起こしている。

 現在フィテッセはエールディビジで、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ予選プレーオフ出場圏内である2位に勝点2差の5位につけている。そんな欧州カップ戦行きを狙うチームに、本田はいかなる化学反応をもたらすのか。そのパフォーマンスに注目したい。

11/7(木) 5:20配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066349-sdigestw-socc

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


1 Egg ★ 2019/11/06(水) 23:24:24.27
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573050264/

【サッカー】<本田圭佑>英語でメッセージ!「たった今、フィテッセと契約しました」「東京五輪に出たい」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573055570/


【【サッカー】世界のメディアもファンも熱狂!「本田圭佑」フィテッセ加入決定】の続きを読む