芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。

    ほんこん


    ほんこん(1963年6月16日 - )は、日本のお笑いタレント。本名、蔵野 孝洋(くらの たかひろ)。吉本興業所属。漫才コンビ130Rのツッコミ担当。相方は板尾創路。最近はそれぞれピンでの活動が多い。吉本総合芸能学院(NSC)の4期生。 大阪府大阪市東淀川区出身。大阪市立東淀工業高等学校卒業。身長173cm、体重70kg。血液型B型。
    11キロバイト (1,196 語) - 2020年1月11日 (土) 15:59



    (出典 www.sankei.com)


    最近は芸能界復帰できるかわからなくなってきたな

    1 muffin ★ :2020/02/08(土) 14:02:51 ID:XMVxRuez9.net

    https://www.narinari.com/Nd/20200258342.html
    2020/02/08 13:50

    タレントのほんこん(56歳)が、2月8日に放送されたバラエティ番組「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)に出演。先日、YouTubeで活動再開した雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)に苦言を呈した。

    ほんこんはこの日、「オレもこれ見させてもろうたけど、やっぱさんまさんのところに移って、松本(人志)さんとかも協力してたやん、最初。いろんなことがあって。だから義理を欠いてると思うねんね。謝罪するのはかまへんわ、YouTubeつこうて。ただ、それやったら、ライブ配信の生でやらな。編集がかかってるし。あとこういうのはちゃんとスーツ着てね、やったほうがええ」とダメ出しを連発。

    また、宮迫が謝罪動画の中で「お笑いが好き」と発言していたことにも触れ、「お笑いが好きや、言うんは、オレは違うと思うねん。お笑いが好きやったらピンネタでもええから、自分でやりゃええと思うねん。ほんなら、ほかのYouTuberの人と喋るのとかじゃなくて。オレは、彼はお笑いじゃなくて、芸能界が好きやねん、と思うねん。それやったら、そう言えばええと思うし、生活も困窮してるのやったらYouTubeでお金を稼ぎたいと、そこまでドンっと言えばええ」と、厳しい口調で語る。

    番組MCの今田耕司は「カッコイイ自分でいたいから、カッコイイところ……そこまで捨てて開き直るのはなかなか……性格的にはね」とコメント。

    そして、ほんこんは「確かにそうやけど、オレが思うのは、不祥事とか起こして、YouTubeで謝罪して、その再生回数でお金儲けはどうなんって思うけどな」と、釈然としない様子だった。


    (出典 cdn.narinari.com)



    (出典 i2.wp.com)


    【「ほんこん」“宮迫博之”のYouTubeデビューを批判する→「謝罪動画でお金儲けはどうなん…」】の続きを読む


    ほんこん(1963年6月16日 - )は、日本のお笑いタレント。本名、蔵野 孝洋(くらの たかひろ)。吉本興業所属。漫才コンビ130Rのツッコミ担当。相方は板尾創路。最近はそれぞれピンでの活動が多い。吉本総合芸能学院(NSC)の4期生。 大阪府大阪市東淀川区出身。大阪市立東淀工業高等学校卒業。身長173cm、体重70kg。血液型B型。
    11キロバイト (1,196 語) - 2019年11月9日 (土) 13:00



    (出典 laughmaga.yoshimoto.co.jp)


    たしかに恫喝された人が1番かわいそう

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/02(月) 21:29:50.15 ID:fJTmmHWT9.net

    お笑いタレントのほんこんが11月30日放送の「特盛!よしもと 今田&八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)に出演し、タレントの木下優樹菜による“タピオカ恫喝騒動”に言及。夫で芸人のFUJIWARA・フジモンにも「責任がある」と追及した。

    実の姉が勤務していたタピオカ店のオーナーへ恫喝めいたメッセージを送信し、騒動となっていた木下について取り上げた同番組には、夫のフジモンも出演し、「すいません、本当に。ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ないです」と神妙な面持ちで妻の不祥事を謝罪。恫喝メッセージの発覚時点から1カ月以上経過した後の言及ということもあり、ネットからは厳しい意見が出ているのが現状だ。

    また、ほんこんは、11月24日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)内で、コメンテーターのテリー伊藤が「フジモンは結構良いなぁと思っていて。こんなヤンチャな人をかみさんにしている。多分家でもヤンチャですよ。フジモンは懐が深い」とフジモンの器を評価する言葉を残していたことについて、「テリーさんは(フジモンを褒めるコメントを)言うてるかも分からへんけど、俺は夫婦の問題は旦那にも責任があると思てるから。やっぱり、言わなあかんて。お前が」と厳しく糾弾。

    続けて、「テリーさんは(フジモンを)立派や、って言うてるかもわからんけど、俺は立派じゃないと思てる方やから」「一番可哀想な人は(恫喝を)言われた方や」などとしながら、木下の復帰に関しても、言及すること自体が時期尚早だと一蹴している。

    「これまでもフジモンと木下は夫婦セットでドッキリ企画やCM出演などといった仕事を引き受けてきただけに、妻の不祥事に対して夫は無関係であるという都合の良い見方はしてもらえないでしょう。そうした部分をしっかりと批判し、本人を目の前にしながら一刀両断してみせたほんこんには『よくぞ言ってくださいました。当たり障りのない発言ばかりしている吉本芸人は見習ってほしい』『ほんこんさんはかなりしっかりした人ですね』『さすがです』『ほんこんさんは視聴者目線。夫婦売りをしてきたのにダンマリを続けられると違和感があります』と称賛の声が多く出ています。上下関係のしつけにも厳しく、チュートリアル・徳井義実の申告漏れが発覚した際にも、生ぬるいコメントをしていた今田耕司は“お前は税に関して甘すぎるねん!”とほんこんから激怒されたとも明かしていましたからね」(テレビ誌ライター)

    ダメなものはダメ。昔気質で曲がったことが大嫌いなほんこんの言葉は多くの視聴者にとって芯をとらえるものだったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2100762/
    2019.12.02 18:15 アサジョ


    【【喝采】「ほんこん」“タピオカ騒動”でフジモンを公開説教→視聴者「さすがです」】の続きを読む

    このページのトップヘ