芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。

    笠井信輔


    笠井 信輔(かさい しんすけ、1963年4月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。 東京都世田谷区出身。オールラウンド所属。 祖父に劇作家・脚本家の阿木翁助。妻はテレビ東京社員の茅原ますみ。 血液型はA型。身長は170cm、体重は62kg。
    15キロバイト (1,927 語) - 2019年12月25日 (水) 03:19



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    確かにJUJUの歌声は心に染みるものがある、これから本格的な治療始まる感じかな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/30(月) 07:42:32.38 ID:GZ3+a10m9.net

    悪性リンパ腫で入院中の元フジテレビ・笠井信輔アナウンサー(56)が29日、ブログを更新。テレビで「ミュージック・フェア」(フジテレビ系)を見ながら、涙があふれて止まらなかったことを明かした。

    笠井アナは19日に入院。23日から抗がん剤治療を始め、27日に1回目(5日間)の治療が終了。2週間後に再び抗がん剤治療を受ける。

    28日、5日ぶりに風呂に入ることができた笠井アナ。同日夜、「愛燦燦(あいさんさん)」を鈴木雅之、槇原敬之、平原綾香の3人が歌うのを聴いて、
    「病室で涙がポロポロでてきてしまいました」と明かした。この歌の世界のように、予想もつかないことが起こる人生に自らの境遇を重ねたという。

    次に、JUJUと西川貴教が歌う「奇跡を望むなら…」を聴き、「涙がとめどなく溢れてきて止まらないのです。
    その歌詞があまりにも心に突き刺さって、あまりにも今の自分の状況を言い当てていて、2人の歌に身を委ねるしかありませんでした」とつづった。

    入院してからは、務めて笑っていよう、と心がけているという笠井アナだが、「増々涙もろくなってしまいました」と告白。
    抗がん剤治療が終わっても「倦怠感は抜けない」中、「突然感情が高ぶって泣いたりすると、なんか生きているな、という感じなります」(※原文ママ)と感情を引き出す音楽の力を改めて感じているようだった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17598225/
    2019年12月29日 21時6分 デイリースポーツ


    (出典 Youtube)

    JUJU 『奇跡を望むなら...』


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 realsound.jp)



    (出典 Youtube)

    JUJU 『また明日』


    (出典 Youtube)

    JUJU with JAY'ED 『明日がくるなら』


    (出典 snjpn.net)


    【【号泣】闘病中の「笠井信輔」アナ“JUJU”の歌に「涙が止まらない」】の続きを読む


    笠井 信輔(かさい しんすけ、1963年4月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。 東京都世田谷区出身。オールラウンド所属。 祖父に劇作家・脚本家の阿木翁助。妻はテレビ東京社員の茅原ますみ。 血液型はA型。身長は170cm、体重は62kg。
    14キロバイト (1,808 語) - 2019年12月19日 (木) 00:50



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 ひかり ★ :2019/12/19(木) 08:53:01.61 ID:HFMOH3yU9.net

     悪性リンパ腫であることを公表した元フジテレビの笠井信輔(56)が19日、フジテレビ系「とくダネ!」に生出演。病名は「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と公表し、
    医師からは生存率7割といわれたことも明かした。

     番組では、病気が公になった17日に地方で公演する笠井の姿をVTRで紹介。その後、スタジオにカメラは切り替わり、笠井が自身の病状について語った。

     「自分の状況、お話すると、悪性リンパ腫という血液のがん、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫という型」と詳細な病名を公表。そして「その先も調べないといけないが、
    90種類ぐらいある。治療法も違って、カテゴリー的にはこの部類ならこれと」と、型によって治療法が違うと説明。

     更に病気の進行についても、週ごとに進む速いタイプ、月ごとに進む中程度のタイプ、年ごとに進む遅いタイプの3タイプに分かれるといい、笠井は「中程度のスピードで
    アグレッシブなタイプと診断された。ちょっと強い抗がん剤治療が必要だねと」と医師から言われているとも明かした。

     生存率についても触れ、医師からは「生存率6割、4割の方が亡くなる、でも笠井さんは若いので7割ぐらいの方の生存率に入りますよ、頑張っていきましょうと言われた」と、
    生存率は7割と言われているという。

     がんは全身に散らばっていると言い、「体の痛みは日々、いろんなところが痛くなる」という。「今日はおしりの下あたりで、足を引きずる状況」と語り、日によって肩や腰なども
    痛くなることから「痛みが出た瞬間、がんが来てるのかな」と考えてしまうと言う。

     仕事は鎮痛剤を飲んでいたといい、「本番に痛みがなくなるようにタイミングを考えて」飲んでいたことも明かしていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000038-dal-ent


    (出典 gachimom.com)


    【「笠井信輔」の悪性リンパ腫→生存率70%と公表】の続きを読む


    笠井 信輔(かさい しんすけ、1963年4月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。 東京都世田谷区出身。オールラウンド所属。 祖父に劇作家・脚本家の阿木翁助。妻はテレビ東京社員の茅原ますみ。 血液型はA型。身長は170cm、体重は62kg。
    14キロバイト (1,725 語) - 2019年12月17日 (火) 15:56



    (出典 mybouzu.info)


    早期発見だったのかな、ゆっくり休んでお大事に

    1 バグダッドの夜食 ★ :2019/12/18(水) 10:12:14.19 ID:3drv3e7Y9.net

     
     フジテレビを退社しフリーに転身した笠井信輔アナウンサー(56)が、この悪性リンパ腫に罹患していることが12月17日、週刊新潮の取材で判明した。
     テレビ局関係者が言う。

    「笠井アナは9月末でフジテレビを退社しました。一方、悪性リンパ腫の診断が下ったのは11月下旬のことだったそうです。社員時代ではなく、フリーになってから病気が見つかったことになります。現在、笠井アナは、テレビ局などを回り、病状の説明を行っているそうです。ひとまずは仕事をキャンセルし、治療に専念する考えのようです」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    元フジ「笠井信輔」アナが悪性リンパ腫、番組出演をキャンセルして治療に専念へ
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12171631/
    デイリー新潮 週刊新潮WEB取材班 2019年12月17日 掲載


     さらにフリー転身後の笠井アナについて「仕事が非常に順調で多かったんです。彼、フリーになって一番心配していたのは、仕事がありますかね?ということだったんですが、僕がフリーになることを勧めたぐらいだから、大丈夫だよ、あなたはいろんな仕事があるから心配しなくていいよって、事務所もその言葉を裏付けるように頑張ってくれて、ほぼ毎日仕事になって。他局のクイズ番組、旅番組、バラエティー番組であるとか、さらに加えて講演が彼、人気があるもんですから、講演とか入っていて、それで悪性リンパ腫であることが分かりました。事務所も状況を説明しなければいけないし、番組の担当者にも説明しなければいけないし、発表する前にそちらの方に手をうっていたらやはり、こういう情報は漏れるもんですね。漏れたということです」と伝えた。

     小倉氏は笠井アナから今朝、ラインが届いたことを明かし「改めて新聞で悪性リンパ腫という文字を見ると、自分はがんだということを再確認してこれに立ち向かっていかないといけない」という決意がつづられていたという。友人、知人から心配のメール、ラインが届いているといい「だから明日この番組で話すことによって少しでも安心してもらおうという気持ちが彼は強いんだろうと思います」と明かした。

    詳細はリンク先をご覧ください。

    小倉智昭氏「とくダネ!」で笠井信輔アナの悪性リンパ腫を生報告「自分はがんだということを再確認して…」
    https://hochi.news/articles/20191218-OHT1T50055.html
    2019年12月18日 8時19分 スポーツ報知


    【フリーアナウンサー「笠井信輔」“悪性リンパ腫”であることを告白、活動休止へ】の続きを読む

    このページのトップヘ