芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。

    ミルクボーイ


    やすとものどこいこ!?(テレビ大阪)駒場のみ ミルクボーイのオールナイトニッポン(ニッポン放送) ^ “ミルクボーイ プロフィール”. 吉本興業. 2019年12月23日閲覧。 ^ “よしもとニュースセンター : 5upよしもと卒業公演 ミルクボーイ単独ライブ「ちゃんボーイミルク」”. 2019年12月23日閲覧。
    23キロバイト (2,987 語) - 2020年1月23日 (木) 00:53



    (出典 koi-comm.jp)



    1 1号 ★ :2020/01/24(金) 16:50:59 ID:mPFs/ZJi9.net

    ここ最近、「人を(誰も)傷つけない笑い」というテーマが、“お笑い論”として議論の的になることが改めて増えている。背景に語られるのが、『M-1グランプリ2019』を制したお笑いコンビの「ミルクボーイ」、3位になった「ぺこぱ」らの影響だ。

    いつの時代も、「笑い」は世相を反映するもの――。もしそうなら、「人を傷つけない笑い」とは、現代の風潮によって偶発的に生まれたものなのか、というと、実はそうではなく、むしろ、古くからあった“日本人らしい笑い”への原点回帰なのかもしれない。

    『ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語』の著書がある落語家の立川談慶氏に、日本独自の「人を傷つけない笑い」について“落語”の観点から解説してもらった。

    (中略)

    落語の世界観に“先祖帰り”している

    優勝したミルクボーイのネタは、「現代の共感」そのものにあります。

    「誰もが見落としているけれども言われればああそうだと膝を打つコーンフレークや最中」にスポットを当てた点はまさに日本人の大好きな落語系の共感ネタでした。彼らが落語研究会出身であるということもその証左であります。

    そして特筆すべきは「ぺこぱ」のツッコミです。

    ツッコミというのは、ある意味「他者の否定」であります。それをそうではなく、別の角度から見れば「こうも見えるよ」という新たな視座の提示に切り替えている点が斬新でした。かような「誰も傷つけない新種のツッコミ」はとても「優しい」感じがするものでした。

    いつの時代も笑いは世相を反映するものであります。が、それと同時に昨今の落語ブームという背景に照らし合わせてみると、むしろ落語の世界観に近づいてゆくような先祖帰りみたいな「優しい笑い」がさらにこれから勢いを増してゆくのではという予感を覚えています。

    元来日本人は、争いごとを嫌い、上手に共感力を発揮し、なんとか調和させながら生きてきました。共感力は分散力でもあります。うまい具合に物事に折り合いをつけて平和をキープし続けてきたのが世界史的にも奇跡と言われた江戸時代であります。そして、そんな江戸の世に生まれたのが落語です。

    少しばかり飛躍させますが、その平和の象徴こそが落語ではないかと確信しています。

    先日、さいたま市内の国際交流基金で二回目となる「字幕落語の会」(さいたま市文化振興事業団主催)を開催しました。私が日本語で落語を演じるそのバックスクリーンに落語のあらすじを英語で飛ばすという演出です。

    日本在住の外国人の方が多数訪れ、「共感」の笑いに浸ってくださいました。
    「落語の笑いが世界標準になれば、アメリカもイランも仲良くできる」と訴えたところ、終演後客席にいたイラン人女性から握手を求められ「ほんと素晴らしかった!」と流ちょうな日本語で言われました。落語は世界を救う……かもです。

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69913




    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【考察】「ミルクボーイ」や「ぺこぱ」 人気の秘訣は“人を傷つけない笑い”】の続きを読む


    (テレビ大阪)駒場のみ ^ “ミルクボーイ プロフィール”. 吉本興業. 2019年12月23日閲覧。 ^ “よしもとニュースセンター : 5upよしもと卒業公演 ミルクボーイ単独ライブ「ちゃんボーイミルク」”. 2019年12月23日閲覧。 ^ “大阪市天王寺区:大阪市天王寺区住みます芸人「ミルクボーイ」のご紹介
    19キロバイト (2,503 語) - 2019年12月29日 (日) 12:09



    (出典 news.mynavi.jp)


    ぺこぱはキャラが強くて面白かったけど、ミルクボーイのネタは腹抱えて笑った

    1 Egg ★ :2019/12/29(日) 19:24:58.02 ID:leatJanH9.net

    12月22日に放送された漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』(ABC・テレビ朝日系)で優勝を果たしたのは、無名のダークホースであるミルクボーイだった。無骨な外見の彼らが披露した漫才はうねるような大爆笑を巻き起こし、ファーストステージでは『M-1』史上最高得点となる681点を記録。最終決戦でも勢いそのままに審査員7人中6人の支持を得て栄冠を手にした。

     ミルクボーイの漫才はなぜ大ウケしたのか。どこが面白かったのか。以下、その理由について漫才の内容を紹介しながら分析していく。

    ■松本も絶賛! 「行ったり来たり漫才」の魅力

     決勝で彼らは2本の漫才を演じた。基本的なフォーマットはいずれも同じだ。駒場孝が1つの話題を提示して、それを軸に会話が進んでいく。1本目の漫才では、駒場が「母親が好きな朝ご飯を思い出せなくて困っている」と言う。相方の内海崇は、駒場の母親が好きな朝ご飯を言い当てるため、彼女がどんな特徴を挙げていたのか教えてほしいと頼む。

     何気ないところだが、この導入は秀逸だ。漫才の冒頭で駒場が謎を提示し、内海がその謎を解くという形で会話が進んでいく。「謎」は物語を駆動させる推進力になる。ドラマでも小説でも、謎解きを基調にしたミステリーという分野には根強い人気がある。謎が提示されると思わず解きたくなってしまうのが人間の本能だ。ここで彼らは、漫才という短い会話劇の世界に観客を引き込むことに成功している。

     駒場は「甘くてカリカリしていて牛乳をかけて食べるやつ」という特徴を挙げる。これを聞いた内海は拍子抜けしたように「コーンフレークやないか。その特徴はもう完全にコーンフレークやないか」と断言する。だが、駒場の表情は晴れない。駒場は、母親が「死ぬ前の最後のご飯もそれでいい」と言っていたと続ける。そこで内海も「ほなコーンフレークと違うか」と答えを撤回する。

     その後、駒場がコーンフレークっぽい特徴とそうではない特徴を交互に出していき、そのたびに内海の意見がコロコロ変わる。それが延々と繰り返されることで、駒場の母親が好きだったのはいったい何だったのか、その答えは見失われていく。

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    12/29(日) 16:00配信 東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00322518-toyo-soci


    【【M-1王者】「ミルクボーイ」が“M-1史上最高”に評価されたのはなぜか、徹底解剖】の続きを読む


    ミルクボーイに直々に声をかけスタートした。 ^ “ミルクボーイ プロフィール”. 吉本興業. 2019年12月23日閲覧。 ^ “よしもとニュースセンター : 5upよしもと卒業公演 ミルクボーイ単独ライブ「ちゃんボーイミルク」”. 2019年12月23日閲覧。
    13キロバイト (1,650 語) - 2019年12月23日 (月) 06:55



    (出典 laughmaga.yoshimoto.co.jp)


    大手企業がコメントするなんて珍しいんじゃない?

    1 muffin ★ :2019/12/23(月) 09:10:15.96 ID:B5iVL2YJ9.net

    https://hochi.news/articles/20191223-OHT1T50016.html
    2019年12月23日 7時5分スポーツ報知

     漫才師日本一を決定する「M―1グランプリ2019」の決勝が22日に都内で行われ、初優勝したお笑いコンビ「ミルクボーイ」が決勝ファーストラウンドでM―1史上最多得点となる「681点」を記録する快挙を達成した。

     史上最高得点を記録したのは「コーンフレーク」をネタにした漫才。「母親が好きな朝ごはんの名前を忘れた」という掛け合いから、駒場孝がコーンフレークと思われる特徴を挙げると、内海崇が「コーンフレークやないか!」とツッコミ。すると今度はコーンフレークとは違う特徴を挙げ、「コーンフレークだ」「コーンフレークじゃない」と行ったり来たりの絶妙な掛け合いを展開し、大爆笑をさらった。

     その後、勢いそのままに頂点をつかんだミルクボーイに「コーンフレーク」を販売する「ケロッグ」が公式ツイッターに「ミルクボーイさんのコーンフレークのネタ、腹筋崩壊レベルでわらったw 史上最高点での優勝おめでとうございます」と祝福のメッセージ。すぐに「ぜひCM起用を!」「ケロッグさん、コーンフレーク一年分進呈お願いします」「コーンフレーク 久々に食べたくなった」など多くのリプライが寄せられた。

     あまりの反響の大きさに「こんなにたくさんの祝福コメントが!!! ありがとう、ありがとう(優勝したのはミルクボーイさんやねん)ミルクボーイさん、本当におめでとうございます」とうれしい悲鳴を上げていた。


    (出典 images.kglobalservices.com)



    (出典 hideyoshi123.com)


    【【絶賛】「ケロッグ」コーンフレークをネタにしたM-1王者“ミルクボーイ”を公式Twitterで絶賛】の続きを読む

    このページのトップヘ