芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。

    明石家さんま


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント。 吉本興業所属。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)で、番組企画・構成等では本名名義でクレジットされることもある。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)出身で、奈良県奈良市育ち。
    147キロバイト (20,696 語) - 2020年2月27日 (木) 22:21



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    私もねづこ派です

    1 湛然 ★ :2020/03/03(火) 05:08:06 ID:0XOnJgL79.net

    2020年3月3日 3時10分 ナリナリドットコム
    さんま「鬼滅の刃」を勉強中、推しは“ねずこ”
    https://www.narinari.com/Nd/20200358705.html

    (出典 cdn.narinari.com)



    タレントの明石家さんま(64歳)が、新幹線での移動中に人気マンガ「鬼滅の刃」を読んでいる姿を、お笑いコンビ・次長課長の井上聡(44歳)がSNSで公開した。

    井上は、関西で収録したバラエティ番組「明石家電視台」(毎日放送)の帰りにさんまと同じ新幹線に乗り、さんまが「今流行りの鬼滅の刃をお勉強なされているところ」を撮影。3月2日に、SNSへ投稿した。

    さんまは2月8日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、共演しているタレント・飯窪春菜からの熱いプッシュを受けて、マンガ「鬼滅の刃」を読み始めたと語っていたが、舞台出演など多忙の中、現在11巻まで読み進んでいるようだ。

    井上によると、さんまは人気の高い“柱”と呼ばれる剣士たちには興味はあまり無いようで、「とにかくねずこ(※ヒロインで主人公の妹の竈門禰豆子)が可愛くて仕方がない」とのこと。「なんの呼吸がええかなぁ」と呟いたり、笑顔を浮かべながら楽しんでいるようだ。

    (おわり)


    【「明石家さんま」“鬼滅の刃”を読む→「ねづこが可愛くて仕方がない」】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。本名は「杉本 高文(すぎもと たかふみ)」 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    148キロバイト (20,828 語) - 2020年2月2日 (日) 10:38



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    宮迫はテレビに出るの諦めたかってくらい違う方向に向かってる気がする、、

    1 1号 ★ :2020/02/01(土) 11:46:00 ID:LFU1l/7f9.net

     【宮迫博之 ユーチューバー本格始動 ( 2020年1月30日 )】 宮迫を個人事務所で預かる明石家さんま(64)は、宮迫のYouTubeデビューについて静観の構えだ。周囲には「あいつの決めたことやから」と話しているようで、関係者は「これからが大変なのは重々承知の上で、見守っていく姿勢のようです」とした。

     当初は現在上演中のさんまの主演舞台「七転抜刀!戸塚宿」で通行人役で復帰する計画だったが、昨年11月にテレビ局幹部らを招き「宮迫を囲む会」を開催したところ報道陣が殺到。世間からの批判の声もあり、さんまが「“まだ早い”というのも分かった」と計画を白紙に戻した。

     昨年末に宮迫の冠番組「アメトーーク!」にゲスト出演した際には「ホンマはここに宮迫が座っているはずやねん!」と愛のあるイジりを連発。今後も変わらず“所属事務所社長”としてサポートする形となりそうだ。

    2020年01月31日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/31/kiji/20200131s00041000116000c.html


    (出典 www.cinemacafe.net)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【「明石家さんま」宮迫を見守ることを決意】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。本名は「杉本 高文(すぎもと たかふみ)」 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    148キロバイト (20,814 語) - 2020年1月19日 (日) 10:18



    (出典 wakaikoro.com)


    吉田沙保里は納得やな、他にも候補はたくさんいるけども

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/20(月) 17:06:29.80 ID:cBgJ491d9.net

    お笑いタレント、明石家さんま(64)が18日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演し、東京五輪聖火リレーの最終ランナーを予測した。

    東京五輪の日本テレビ系生中継で、キャプテンを務めるさんまは、番組冒頭で「2020年、五輪までカウントダウン、もうすぐやね」と切り出し、「出川(哲朗)とか聖火ランナーやねん。なんで俺に話がこないのかね」とボヤいた。自身の出身地に触れ、「俺は奈良か、生まれが和歌山だけど。提出せなあかんねやろ、走りたいとか。募集の中から選ぶねんな。聖火ってふざけられへんねん、俺はあれでファイヤーダンスしながら…」とボケつつ、「オファーがけえへんのやからな」と話した。

    五輪の聖火といえば、注目されるのが最終ランナー。さんまは、「世界的に有名な、今まで金メダルを獲った人が最終ランナー、おそらく」と傾向に言及し、「おそらくQちゃん(高橋尚子さん)か、野口(みずき)さん。マラソンで金メダルとった2人か。あとはヤワラちゃん(谷亮子さん)、吉田沙保里さんか。せやな、そのへんやと思うな」と過去の五輪メダリストの名前を挙げた。そのうえで、「世界に通用する顔やな。要するに、柔道より五輪はマラソンかな、というところで」。高橋さんと野口さんが有力とする見解を述べていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17690790/
    2020年1月20日 15時31分 スポニチアネックス



    (出典 www.cinemacafe.net)


    【【聖火】「明石家さんま」“東京五輪聖火リレー最終ランナー”について語る→世界に有用するあの人?】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。本名は「杉本 高文(すぎもと たかふみ)」 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    147キロバイト (20,731 語) - 2019年12月22日 (日) 13:30



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    正月復帰はなさそうやね、、
    亮くんもまだ復帰しないかな?

    1 Egg ★ :2019/12/28(土) 19:55:17.21 ID:7c6FvLpk9.net

    “お笑い界の帝王”と言われる明石家さんま(64)の神通力も今回ばかりは全く通じなかった!?

     闇営業騒動で芸能活動を休止し、いまだに謹慎生活を余儀なくされている「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)の復帰問題が、暗礁に乗り上げている。当初はさんまの後ろ盾を得てテレビ界への復帰を画策していた。

    「さんまは内々にテレビスタッフを通じて、先月21日に宮迫の激励会を敢行しました。会にはテレビ局のプロデューサーや編成関係者らが顔を揃え、さんまの『吉本興業にはかなわない。完全に負けた。カンパイ(完敗)で~す』という音頭とともに盛大に行われたんです。会場費300万円は、全てさんまが負担したそうです」(事情通)

     この激励会をもってテレビ出演解禁へのミソギにしたいと考えていたさんまだが、後になって自分の考えが甘かったと思い知らされることになる。

    「各テレビ局の顔なじみの幹部連中から直接、さんまの携帯に相次いで連絡が入ったが、皆、一様に『局の営業担当を説得できなかった』と言い訳されたそうです。要するに、さんまの力もスポンサーの前では何の役にも立たなかったということ。自分の影響力のなさに、さんまは宮迫の復帰計画を白紙に戻したそうです」(事情通)

     しかも、宮迫復帰にNGを出したのはスポンサーだけではない。

    「視聴者から連日、電話やメールで苦情が殺到したんです。『反社会的勢力からギャラを受け取り、いまさらテレビに出て何かを話したところで笑えない』という声です。ただでさえ吉本は低賃金に税金逃れと無法者集団のようなイメージが付き始めている。今さんまが何かを言ったところで効果がないというわけです」(前出の事情通)

     実際、クリスマス恒例となっているフジテレビ系のバラエティー番組「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2019」(25日放送)に宮迫が電話出演するのではという噂が芸能界に流れたが、かなわなかった。

     宮迫の復帰は当分先になりそうだ。

    12/28(土) 17:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000037-tospoweb-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【白紙】「宮迫博之」の復帰が白紙に?“明石家さんま”の力でも復帰できない理由とは】の続きを読む

    このページのトップヘ