芸能ニュースまとめちゃんねる

芸能関連情報について画像まとめ、最新情報等をまとめた記事をお届けしていきます。

    指原莉乃


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、アイドルプロデューサーであり、女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー。AKB48の派生ユニットNot
    105キロバイト (14,507 語) - 2020年4月28日 (火) 06:56



    (出典 mamerog.com)


    外出制限されている中で、最高のイベントですね

    1 jinjin ★ :2020/05/02(土) 18:27:11.61

    指原莉乃「あつ森」で仮想握手会 アイドル時代の衣装でお出迎えに「最高すぎる」

    元HKT48でタレントの指原莉乃(27)が2日、Nintendo Switchのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」を使ったバーチャル握手会を開催したことを、自身の公式ツイッターで報告した。

    「-どうぶつの森」は架空の無人島で農作業や釣り、家の室内装飾など、思い思いの生活を楽しめる人気シリーズの最新作。
    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自宅待機の時間が続いていることもあって、ダウンロード版だけで世界累計500万本の売り上げを記録している。

    同ゲームのファンでもある指原は、他のユーザーを島に招待できる通信機能を使って、ユーザーを募り、疑似握手会を開催。
    自身のソロ曲「それでも好きだよ」の衣装を模したピンクの服を着たキャラクターで、訪れたキャラとの交流を楽しむ画像をアップした。

    実際の握手会レーンと同じような長テーブルを設置するなど、高い再現度の「握手会」の模様を披露した。

    指原は「握手会ごっこ。変な言葉はBANされてリテラシーしっかりしてる任天堂さんと察しのいいファンに感謝」とツイート。
    ファン思いの指原らしいアイデア企画に、「バーチャル握手会良いね」、「それ好きの衣装きて握手とか最高すぎる!!いきたい!!」などと多くの返信が寄せられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000170-spnannex-ent

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【あつ森】「指原莉乃」“あつ森”で『バーチャル握手会』開催→「最高すぎる」歓喜の声相次ぐ】の続きを読む


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、アイドルプロデューサーであり、女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー。AKB48の派生ユニットNot
    105キロバイト (14,429 語) - 2019年12月31日 (火) 00:14



    (出典 www.crank-in.net)


    強要とかされない限り好きに歌って良いと思うよ、、

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/09(木) 17:30:35.20 ID:OCnRcorA9.net

    8日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、MC指原莉乃が”カラオケあるある”トークを展開。どうしても嫌いになってしまうという男の特徴が、ネットで話題になっている。


    ■イントロの段階で…
    番組中盤、カラオケでの好きな異性の仕草について問われた指原は、「むしろ嫌いになっちゃうことのほうが多い」と回答。この発言にはスタジオの女性陣も大きくうなずく。

    「歌詞にはないのに、『Woo』などのフェイクをいれる人」など、その具体例をいくつか挙げていくなかで、もっとも共感を呼んだのが「イントロの段階で『初めて歌う』と前振りする人」。これを聞くと指原は、「自分を守っている」と思ってしまうのだそうだ。


    関連記事:アレする男は恋愛NG! 指原莉乃ドン引きの「カラオケの行動」があるあるすぎる?

    ■SHELLYが「無理だと思った」人
    この指原の主張を皮切りに、スタジオからはさまざまな”苦手な男あるある”が飛び交うことに。

    ゲストの女優・広瀬アリスは「スキマスイッチの名曲『奏』のサビが下手な人」「マイク持つとき口に近い人」などを挙げ、SHELLYに至っては、学生時代「無理だと思った」人を実演。

    最初は椅子に普通に座っていたものの、マイクを握った瞬間にやや前かがみになり、片肘を膝に置いて格好つける、というマニアックな実例を披露した。

    ■「だからなに?」
    この一連のトークに、ネットは爆笑。とくに指原のあるあるには共感した人が多くいたようで、「『初めて歌う』は免罪符でしかない」「だからなに? としか思わない」といった声が。

    またなかには、「マイク握りながら小指立てる人ヤダ」「手拍子を強制してくる人うざい」などといった独自のあるあるを披露するコメントも見られた。


    ■カラオケで鬱陶しい人は…?
    カラオケで嫌われてしまう人と言えば、しらべぇ編集部では以前に、次のような調査を実施していた。全国1365名の男女に「メドレーを歌う人」について聞いたところ、全体で2割強の人が「鬱陶しいと思う」と回答。

    スタジオトークの中心となった20~30代ではとくに、女性のほうがシビアに見ているという結果に。どうやら若い男性陣は、マイクの持ち時間なども常に意識しておく必要があるようだ。

    女性の前ではカッコつけたいという心理も当然あるだけに、今回の放送は、世の男性方には厳しい内容となってしまったかもしれない。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162233176/
    2020年01月09日 05時45分 しらべぇ


    (出典 www.sankei.com)


    【「指原莉乃」”カラオケで嫌われる男”持論を語る→話題沸騰】の続きを読む


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、アイドルプロデューサーであり、女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー。AKB48の派生ユニットNot
    105キロバイト (14,429 語) - 2019年12月31日 (火) 00:14



    (出典 www.sankei.com)


    激しいダンス踊るグループなら良いと思うけど、バンドマンの口パクはあかんよな、、

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/02(木) 11:59:01.95 ID:F1YRkm369.net

    12月30日放送の『そもそもなんでダメなんだっけ?』(テレビ東京系)で、テレビ業界禁断の「口パク」にメスを入れた検証がおこなわれた。

    ダンスをしながら歌うことが多いアイドルが、本当は口パクなのかを当事者に取材。1970年代のアイドルからピンク・レディーの未唯mieに聞くと「口パクはしたことない」と即答。
    その理由を、「歌番組が生バンドだったので、したかったとしてもできない。少なくとも1970年代はなかった」と証言した。

    だが、未唯mieは「アメリカデビューしたときは口パクでした」と語り、「アメリカでは(口パクを)『リップシンク』と呼んで当たり前。
    レコーディングのクオリティをテレビでもお届けしたいということなのかな」と海外での方法論の違いや、番組や機材の都合でも変わるとした。

    1980年代のアイドルであるおニャン子クラブから渡辺美奈代に聞くと「おニャン子ではいないです。リアルにちゃんと全員が歌ってました」とコメント。
    だが、別の歌手で「1名は知っています」と語り、名前は明かさなかったが「音合わせやカメリハをしているとき、歌ってないのに歌が流れていた。で、『口パクされるんだ』って」と明かした。

    スタジオでは、昨年4月までHKT48だった指原莉乃に、スピードワゴンの小沢一敬が「どうアイドルは? 激しい動きのダンスあるじゃん。『歌えないだろ』ってシンプルに思っちゃうね」と質問。

    指原は「グループ全体で見たら歌ってますけど、私は口パクでした」と返答。その言葉に小沢は「優しいな。『誰かが傷つくなら私が傷つく!』って。めちゃくちゃいい奴じゃん」と絶賛。指原は「本当にみんな歌ってました」と話していた。

    口パクをめぐっては、12月17日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で、ヒロミがゲストのDA PUMPのISSAに「10歳も離れている若い子と一緒に踊って歌ってるのがすごい。口パクにしたら?」とまさかの提案。

    だが、ISSAは周囲から「たまには間違えたほうがいいよ。それ、口パクだと思われるよ」と言われるほど、生歌にこだわっていることを告白。

    さらにDA PUMPのTOMOから、今ではアーティストの間で必須アイテムのイヤーモニターもISSAは使わないことが明かされ、その理由について、ISSAは「昭和の先輩たちに憧れてきた。意地でも使わない」と言い切るプロ根性を見せていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17610385/
    2020年1月2日 11時0分 Smart FLASH


    (出典 news.mynavi.jp)


    【【言及】「指原莉乃」テレビ業界の“口パク事情”について語る→「私はしてました」】の続きを読む

    このページのトップヘ